個人再生の費用を安く抑える方法はある?~賢く個人再生しよう!~

個人再生の費用を安く抑える方法はある?~賢く個人再生しよう!~

個人再生の費用を安く抑える方法はある?~賢く個人再生しよう!~

個人再生で弁護士や司法書士を利用すべきかどうかについてまず説明をします。個人再生の場合、基本的に裁判所で手続きを進めるかたちになるのですが、自分主導で進めることができません。例えば、自分自身、または代理人として機能しない司法書士を利用した場合には、裁判所で再生委員という代理人のようなものを付けられます。

この再生委員に掛かる費用を裁判所に納めなければなりませんが、その場合「給与所得者等再生」の場合で約50万円、「小規模個人再生」で約20万円になります。しかもこの再生委員というのは自分で選ぶことができませんし、弁護士ほど自分の味方になる頼りになる存在とも限りません。

さて、それでは個人再生における平均的な弁護士費用はということですが、平均的に30万円から40万円くらいが相場になります。これは「給与所得者等再生」の再生委員の費用よりも安価で「小規模個人再生」よりも高額ということになります。しかし、弁護士の平均的な費用が高額だとしても、弁護士に任せることによって多くの作業も代理で行ってくれるので、再生委員よりも多くのメリットがあります。

もし、平均よりも安価な費用で済む弁護士を見つけることができれば、それが個人再生における節約という意味ではベストでしょう。例えば法テラスのような国の機関で紹介してくれる弁護士というのは一般の弁護士よりも安価に済む場合が多いので、そういったところで弁護士を見つけるという方法もあります。