個人再生のメリット・デメリット|気になる個人再生情報を徹底解説!

個人再生のメリット・デメリット|気になる個人再生情報を徹底解説!

個人再生のメリット・デメリット|気になる個人再生情報を徹底解説!

個人再生は、裁判所に申し立てを行い、借金を5分の1程度にまで減額するという内容の債務整理です。裁判所を通して行うという点では、自己破産と共通しています。完全に借金をゼロにする事は出来ませんが、返済の負担はかなり軽くなります。

個人再生を行う条件は、破産に準ずる経済状態にある事と継続的に収入を得る見込みがある事です。これは、減額した借金を返済しなくてはならないからです。ただし、自己破産の様に借金の内容についてまで問われる事はありません。また、住宅や自動車を手放さずに手続き出来るケースもあります。

このようなメリットがある一方で、個人再生を行う事によりデメリットも生じます。当初の契約を守れなかったという事で、他の債務整理と同様に信用情報機関に記録されます。これは、ブラックリストに載るという状態であり、新規借入は出来なくなります。記録されている期間は、5年から10年です。

さらに個人再生には、国の広報紙である官報に住所氏名が掲載されてしまいます。裁判所という公的な機関を通して行う債務整理であり、自己破産と共通しているデメリットです。このために、誰にも知られずに行える手続きではありません。

個人再生を行う場合は、これらのメリットとデメリットを事前に認識しておく必要があります。返済が困難となった状況を大きく改善する事は出来ますが、将来にも影響が及んでしまうからです。また、戸籍に載る等の間違った情報に惑わされないという意味でも重要です。