「個人再生」とは?|借金返済のために知っておきたい個人再生情報

「個人再生」とは?|借金返済のために知っておきたい個人再生情報

「個人再生」とは?|借金返済のために知っておきたい個人再生情報

個人再生とは借金の返済が困難になっている際に行う債務整理の一種です。債務整理にはいくつかの種類があり、他には裁判所を通さずに借金の減額をする任意整理と、裁判所を通して借金を帳消しにする自己破産があります。

個人再生とは任意整理と自己破産の中間のようなもので、裁判所を通して進めていくのですが、借金を帳消しにするのではなく、減額をするものですので住宅や車などを手放すことなく手続きを進めることができます。

また個人再生とは再生計画を裁判所に提出をして認められた場合には借金が5分の1程度に減額されます。そしてその後は残りの借金を3年から5年かけて返済をしていくこととなります。

個人再生とは家族に与える影響はありません。これは連帯保証人なっていた場合には、当然影響がありますが、連帯保証人になっていないのであれば家族の方はローンを組んだりクレジットカードを作ることは問題なく行えます。

個人再生のメリットは住宅などの財産を手放すことなく借金の金額を5分の1まで減額にすることができます。そして手続を開始してしまえば債権者は給料の際押さえなどの強制執行ができなくなるメリットがあります。

個人再生のデメリットは信用情報機関に事故情報として登録がされてしまいます。これはいわゆるブラックリストに載ることで、その後は一定期間を経過するまでは借金をすることやクレジットカードを作ることができなくなります。また減額をしても借金の返済が不可能であると判断がされた場合には、個人再生は認められません。